(最初に戻る) | emcws | 索引 | 準備 | make | 動作一覧 | SEMI | Semi-gnus | IM/Mew | Mew でニュース | X-Face | tcode | 個人環境/書体 | load-path | Debug | Mailing List | 参照カード | 20.7 情報 | 21.3 情報 | emcws patches | 動作確認 | 速攻設置 | Mule/Emacs の歴史 | MacOS | たまご | 変更履歴 | 逆 link | 全文検索 | 特徴 | dot.emacs | application |
URL 検索

Emacs Features

豊富な編集機能
移動単位 文字・行・画面単位ばかりでなく、段落、関数など様々の 単位の移動をすることが出来る。
置換 (三種類) 単純一斉・正規表現・確認しながら、の三種類の置換が用意されている
完全な undo (やり直し) 全ての操作を保存しているので、間違った変更を完全にやり直すことが出来る
鍵盤手続 (keyboard macro) 入力手順を登録し、同じことを何回も実行することが出来る
切貼 Cut and Paste
10 個の名前無の cut/paste buffer (キル・リング) 切取った部分(あるいは写し)を10 単位まで順に覚えていて、 順に戻って取出し、貼り付けることが出来る。
レジスタ(長さ一文字の変数) レジスタ (ただしその名前は一文字で表わす、つまり名前の長さが一文字の変数) に、切取った文字列、範囲、位置 を保存し、後で名前で呼出し、 貼付けたり、以前の位置に戻ったり出来る。 (26 + 10 + 10 種くらい)
距形領域の切貼 M-x kill-rectangle ( C-x r k ), M-x yank-rectangle とすることで、距形の範囲を切取り、貼り付けたり、空白にする ことが可能
複数の対象を同時に操作する
複数のバッファ取扱可 同時にいくつの譜でも開けられる
画面の縦・横分割 縦・横に 画面を分割して、同じ譜あるいは別の譜を開けて 複数の部分を同時に見ながら編集出来る
複数の画面(X 11) Frame という機能でいくつも画面を作ることが出来る
障害の回避
autosave(設定無で)一定間隔での自動保存。(一例) 30 秒何も しない時。 (#xxx# という名前のもの。M-x recover-file で復活出来る)
backup file(設定無で)修正開始前のものを保存 ( xxx~ という名のもの)
完全な undo (やり直し) 上の「豊富な編集機能」の中に分類してあります。
メジャーモードとマイナーモード
( C-h m または M-x describe-mode )
メジャーモード 面画の下の「状態行(mode line)」に書いてある (Fundamental) などを指す。 鍵の割当(key bindings)、色付(font-lock) 、新しい関数などが設定される。 M-x lisp-interaction-mode などと名前を指定して変更も出来る

編集対象による切換、またはどの応用系(application) を使っているか という切換になる。 メジャーモードは、作業領域(buffer)の状態として、一つだけ選べる。

マイナーモード こちらは付加的に設定出来る内容。同時にいくつも設定出来る
Elisp 語による拡張性
編集対象別メジャー・モード 色付, キー割当, 新しい関数・機能の定義, TAB stop, 段下げ(indentation)などを 編集対象言語別に設定出来る
これらは編集する譜の名前(の末尾)で判別する。 中身の一行目も効果がある。 #!/usr/local/bin/perl とか、 -*- HTML -*- のように書いてあると読んでくれる
/usr/local/share/emacs/20.7/lisp/progmode/
アプリケーション・パッケージ Emacs Lisp を使った様々な機能が予め用意されている (メール・ニュース・shell などの環境) /usr/local/share/emacs/20.7/lisp/
第三者による環境 Emacs Lisp を使って様々な拡張が出来る。 そのため、 メール・ニュースの環境を別途入手して使うことが出来る。 (Mew/WL, Semi-gnus, w3 etc,これもメジャー・モード)
User Interface の統一性 上記のように環境を用意すると、中では 文字・画面単位の移動、切貼、譜の取込・書出し といった操作が統一される。 ちょうど Apple が UserInterface Guide Line を作成したのと同じ結果になる
各種変数と hook 動作を変更するための各種の変数と、 各種動作の始まり・終了に自分の設定を行なうための hook が用意されているので 自分用にカスタマイズすることが可能 ( ~/.emacs, または ~/.emacs.el に行なう)
Dired ディレクトリ・エディタ 譜の操作を画面から出来る。
フリー・ソフトウェアであること
動作環境 非常に多くの機種/OS で動作し、それらを当然、 同じ操作で使うことが出来る
User Comminity User Comminity が広い(使っている人が多い)ことの利点 --- いろいろなものが作られる。教えてくれる人も多い --
豊富なオンライン・へルプ
導入説明
(Tutorial)
M-x help-with-tutorial または C-h t とすると 使い始めたばかりの方が(日本語で)読みながら操作に慣れて行 くことが出来る。
info M-x info, C-h i とすると info と呼ばれる(ちょっと旧式の) ハイパー・テキスト画面で様々な説明を読むことが出来る
apropos 文字列の断片、または正規表現を入力すると (その時に) 利用出来る関数・変数名の一覧を得られる。
M-x describe- と入力して 空白キー・TAB キーを打つと 多くの候補 が表示される
M-x describe-binding M-x describe-variable などで変数名・キー割当・関数 などの説明を得られる。 これらは 20 種以上ある。
M-x list- list- という関数も 20 近く用意されていて、「何々の一覧」 というものを表示する。例 M-x list-faces-display
メニュー 画面の一番上に表示されているメニューは メジャーモードによって変化する。 またそれを見るとキー割当を知ることも出来る
入力補助
入力窓 (Mini Buffer) での Tab, 空白キーによる補完機能 譜名を入力する場合や、M-x で操作・関数名を入力する場合などに Tab や 空白キーを打つと、その時に入力出来る候補を全て表示する --- Tab(可能な限り), 空白キー(一語だけ) ---
鍵盤手続 (keyboard macro) C-x (, C-x ) で登録する。 この表の最初の分類の「豊富な編集機能」の中を参照。
短縮入力 Abbrevs C-x a で始まる操作を使って、電話の短縮番号のように 「入力する文字列に対して、短縮形を設定」出来る
多言語対応 (Mule = MULti lingual Enhancement to GNU Emacs)
様々な言語を取扱える (メニューから) Mule -> Show script Examples を選ぶか、 C-h h として見ると、 (書体が用意されていれば) 各国語 の文字が表示される
30 以上の 1 byte/8 bit 言語、四つの 2bytes 文字言語
同時に複数言語 一つのバッファに同時に複数の言語を表示・入力することが出来る (これが出来るのは Mule/Emacs-20 だけ)
改行文字 本来、多言語とは人間の読み書きする多くの言語という意味 であるが、計算機上の coding-system ということで、人間用には 一つの言語であっても計算機上で別の表現をとることもある。 (一例 euc, sjis, iso-2022-jp)それにも対応する上、改行文字についても、 CR, LF, CR+LF のどれもそのまま編集出来る。 またこれらの間での相互変換も容易
(M-x set-buffer-file-coding-system RET euc-japan- (mac,dos,unix) など )

Last Update
Wednesday, 12-Mar-2008 19:53:29 JST
CCBot/2.0 (http://commoncrawl.org/faq/)
Apache/2.0.59 (Unix) mod_ssl/2.0.59 OpenSSL/0.9.8e DAV/2 PHP/4.4.6
Count.cgi
(since 1999/10/22)