(最初に戻る) | emcws | 索引 | 準備 | make | 動作一覧 | SEMI | Semi-gnus | IM/Mew | Mew でニュース | X-Face | tcode | 個人環境/書体 | load-path | Debug | Mailing List | 参照カード | 20.7 情報 | 21.3 情報 | emcws patches | 動作確認 | 速攻設置 | Mule/Emacs の歴史 | MacOS | たまご | 変更履歴 | 逆 link | 全文検索 | 特徴 | dot.emacs | application |
URL 検索

Emacs-20.3 + Canna + Wnn + Sj3

(1998/10/22)
ここにある情報は古くなっています。emacs-20.7 が公開されていて そちら用の patch をお使い下さい。
patch
ftp://ftp.ki.nu/pub/emacs-20.3+c+w+s/20.3+canna+wnn+sj3-19981022.tar.gz
patch mirror
ftp://ftp.win.ne.jp/pub/word/misc/20.3+canna+wnn+sj3-19981022.tar.gz
incremental patches (各版修正差分)
ftp://ftp.ki.nu/pub/emacs-20.3+c+w+s/patches/
platform and configures etc (動作条件一覧 および configure 例)
http://www.ki.nu/software/emacs-20/20.3+canna+wnn-list.shtml
Emacs-20.3/leim-20.3, just an example (一例)
ftp://ftp.iij.ad.jp/pub/GNU/emacs/ emacs-20.3.tar.gz
ftp://ftp.iij.ad.jp/pub/GNU/emacs/ leim-20.3.tar.gz
中島 薫さんの Canna patch
沖 勝さんの Wnn6 patch (その説明)を 20.3 にも当たるようにした石黒版
村田全寛さんの canna.el 修正
単に組合せるだけで作った非公式な版を 1998/09/17 に作りましたが、 その 改訂版です。変更履歴は ChangeLog も見て下さい。
1999/7/17
emacs-20.4 が出ていて、そちら用の修正が利用出来る状態 なので、その案内を最初に書いておいた。
1999/5/21
patch の当て方の記述に間違いがあったので、この画面だけ直す。
1998/10/22
【sj3 関係の変更のみ】
sj3-egg.el: 変換時の鍵の割当追加 (このため sj3 だけ使用という configure も可能になった)。 local-map が残っていたので消す(等)
1998/10/11
sj3-client,sj3-egg で sj3-server-buffer を unibyte に設定。 以前からの差分が少なくなるように、元の形に戻すということをした。
1998/10/10
wnn-egg.el で「変換中」の印が buffer-local でなかったのを修正。 jserver を起動せずに「変換」すると Emacs が制御不能になってしまったりするのが直る。 (Mew-1.93/patches にお知らせする必要があるかも知れない)
{canna,wnn-egg}.elc などはなくても make 出来るので、 含めないようにした。
configure 例に sj3 を加え、また source-tree の外側で configure するものに変更
1998/10/05
sj3 を提供していただいたので、使えるようにした。linux で _crypt が未定義と言われないように した。
1998/09/22
src/path.h, lib-src/Makefile が不要に含まれていたので消す。
1998/09/21
canna.el の canna-henkan-region/canna-toroku-region の不都合を直した。 sj3 の誤り文を表示しないようにした
1998/09/20
canna-henkan-region の問題を修正
1998/09/19
Mew-1.93/patches を取入れた。 これで、 Mew-1.93 で題名(などの見出し部分)に日本語が直接入力出来ない問 題を解決。
さて組立て方は次のようにします。

(自分の便利のために環境変数を設定しているだけ。省略可)
setenv FTP /home/ftp/pub/emacs-20.3+c+w+s

setenv LANG C
tar zxf /pub/Mule/emacs-20.3.tar.gz
tar zxf /pub/Mule/leim-20.3.tar.gz 
# 次のものをすると、隣に 20.3+canna+wnn+sj3-19981022 を作ってその中に
#   00ReadMe.html
#   20.3+canna+wnn+sj3-19981022.patch
#   ChangeLog
#   http:__www.ki.nu_software_emacs-20_20.3+canna+wnn+sj3.text
#   が開く
tar zxf $FTP/20.3+canna+wnn+sj3-19981022.tar.gz
# patch を当てるのに一つ階層を降りて
cd emacs-20.3
patch -s -p1 < ../20.3+canna+wnn+sj3-19981022/20.3+canna+wnn+sj3-19981022.patch
cd .. # (この辺三行緑の文字は 1999/05/20 に変更)
#   隣に作業領域を作って、その中に change directory する。
mkdir emacs-20.3-work
cd    emacs-20.3-work
# そうして次のように configure する
../emacs-20.3/configure \
--with-wnn4 \
--with-wnn-includes=/usr/local/wnn/include/wnn \
--with-wnn-libraries=/usr/local/wnn/lib  \
--with-canna \
--with-canna-includes=/usr/local/canna/include \
--with-canna-libraries=/usr/local/canna/lib  \
--with-sj3 \
--with-x \
--with-x-toolkit \
--with-gcc   
# (以上 wnn, canna の PATH は一例です
# またもし Canna だけ  Wnn だけ Sj3 だけを使うというのであれば、一
# つ、あるいは内二つを指定すれば、そういうものが作れます。wnn6 も
# 可です。
make
make install
(この結果設置されるものの directory 形式)


動作確認 Wnn

jserver を動かしておいて setenv JSERVER hostname とするか ~/.emacs の中に (setq jserver-list (list "localhost")) ; ↑ ; これは jserver が動いている機械です。 と書いておいて emacs を起動し、 M-x load-library RET egg RET(殆んどの場合不要) C-\ でローマ字入力 Space で変換 改行で確定 C-\ で英数字入力に戻る (以上、C-\ の割当を egg:toggle-egg-mode-on-off から変更していない場合)

動作確認 Canna

cannaserver を動かしておいて setenv CANNAHOST hostname とするか、 ~/.emacs の中に次のように書いておいて、 (setq canna-server "localhost") emacs を起動し、 M-x load-library RET canna RET(殆んどの場合不要) M-x canna C-o でローマ字入力 Space で変換 改行で確定 C-o で英数字入力に戻る (以上 C-o の割当を canna-toggle-japanese-mode から変更していない場合)

動作確認 Sj3

sj3serv を動かしておく。 eggrc-sj3 の設定を少し自分の環境に合わせる。 (ここから先は Wnn 付で組立てた場合と Sj3 だけで組立てた場合で少し違う) ~/.emacs の中に (setq sj3-host-name "localhost") ; ↑ ; これは sj3serv が動いている機械です。 ; -------------- (load "sj3-egg") (load "sj3-client") (setq egg-default-startup-file "eggrc-sj3") ; とする。 ; 以上三点は、Wnn + Sj3 で組立てた時だけ必要 と書いておいて(実は以下は Wnn の場合と同じ) C-\ でローマ字入力 Space で変換 改行で確定 C-\ で英数字入力に戻る

動作確認したら

動いても動かなくても、試していただけましたら、 元にした Emacs (20.3 or 20.3.9x etc), +Canna+Wnn+Sj3, OS, gcc, (もし使っていれば) binutils, (あるいは linux の場合 libc ) X11, Canna, Wnn, の版と、 configure した時の引数、 (または Canna + Wnn + Sj3 なのか Canna だけ, Wnn だけなどかの別)、 どう動いたか、あるいはどう動かなかったか、簡単でもいいですから、 makoto at ki dot nu まで お知らせ下さい。 いままでに報告いただいている 動作条件一覧です。

+Canna +Wnn +Sj3 Patch の問題については、 Mailing List を用意しています (購読するには本文に subscribe emcws-bugs とだけ書い て majordomo@ML.ki.nu に送って下さい)。 出来れば、fj.editor.mule などで共有した方がいいと思っているのですが、 どうもこの patch 固有の問題らしいと思われた場合など、 subscribe ( + confirm ) の上、こちらに報告されることも歓迎致します。 (メールの数は 9/27 - 10/26 の 30 日間に 135 通。購読者は 17 名)

いままでに知られている問題

その他関連 URL

Canna
http://www.nec.co.jp/japanese/product/computer/soft/canna/
Wnn4.2 導入記録
http://www.gavo.t.u-tokyo.ac.jp/~hase/admin/install/Wnn-4.2.html
Wnn/NetBSD 設置例
http://www.ki.nu/software/NetBSD/macppc/wnn.shtml
Wnn4.2.tar.gz (一例)
ftp://ftp.iis.u-tokyo.ac.jp/FreeBSD/distfiles/Wnn4.2.tar.gz
(Wnn Users ML による) Wnn 関連用語集
http://web.kyoto-inet.or.jp/people/tomoko-y/wnn-yogo.html
日本語入力システム「Wnn6」 クライアント開発用ソースコードを公開
http://www.omronsoft.co.jp/press/sdk.html
sj3serv
ftp://ftp.sony.co.jp/pub/unsupported/src/sj3-2.0.1.20.tar.gz
あやむらさんの「日本語入力関連 patch」collection
ftp://ftp.win.ne.jp/pub/word/misc/
Emacs の日本語入力 LINKS
http://emacs-20.ki.nu/search/?search=InputMethod
最終更新 Wednesday, 12-Mar-2008 19:53:08 JST
Count.cgi(since 1998/10/22)